早分かり「税効果会計」

税効果会計は企業の決算書を作成する場合に、企業が支払った税金額と本来支払うべき税金額とを明確にさせておく仕組みを取り入れたものです。

 

1.税効果会計の意味
企業における従来の会計では、毎期ごとに実際に支払った税金の額というものをその決算書に計上してきたわけですが、税効果会計は、本来支払うべき税金額を

2.決算書の不整合さ
決算書は株主などの利害関係者にその企業の経営成績を開示するものです。その決算書による企業の経営成績を見ることで、株主は自身の配当を決定し、債権者

3.税効果会計が導入されるきっかけ
これまでは、法人税額の計算と会計計算との食い違いにより、その決算書に不整合な部分があったわけですが、その不整合な部分をそのまま放置できなくなって

4.税効果会計の役割
税務においては、不良債権の償却というものは、法的整理などの基準に該当しない限りは認めらません。しかしながら、会計においては実質的に回収が出来ない

5.一時差異と永久差異
税効果会計を導入した場合、会計と税額との差異というものが将来的に解消されることが前提となるわけですが、必ずしも全てのものがそうなるわけではありま

 


更新履歴